施工事例|流山市・柏市の屋根リフォーム・雨漏り専門店|シャイン

MENU
屋根リフォーム・雨漏り専門店 シャイン

お気軽にお問い合わせ下さい

04-7199-9880

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日土・日・祝も営業中!

施工事例WORKS

HOME / 施工事例 / 柏市 外壁付帯屋根塗装・板金補修【腐食していた木材の貫板をガルバリウム鋼板の下地材『ガルベース』へ交換】

柏市 外壁付帯屋根塗装・板金補修【腐食していた木材の貫板をガルバリウム鋼板の下地材『ガルベース』へ交換】

2024.01.20 (Sat)

施工前BEFORE
施工後AFTER

千葉県柏市 H様邸 施工データ

工事内容 外壁付帯塗装・屋根塗装・屋根板金補修
施工カラー
築年数 築28年
メーカー・商品 外壁塗装:セラコートアクア カラー:72
付帯塗装:一液ファインフッ素UV 現状色
屋根塗装:ナノルーフ15 カラー:バイエルンブラウン
屋根板金補修:ガルベース
外壁使用塗料 セラコートアクア カラー:72
屋根使用塗料 ナノルーフ15 カラー:バイエルンブラウン

担当者より

この度、柏市H様邸の外壁付帯屋根塗装工事をご依頼頂きまして無事完工致しました。

H様邸は築28年で、外装リフォームは2回目とのことでした。

外壁は窯業系サイディング、屋根はスレート屋根で、屋根板金の釘の浮きが見られました。

近年、台風などにより棟板金が飛んでしまうケースが増加傾向にありますが、原因として棟板金の繋ぎ目や釘穴の隙間からの水が侵入し、木部が腐食することによる棟板金の固定力の低下が考えられます。

H様邸の棟板金の木部も腐食していましたので、棟板金が吹き飛ぶなどの事態を防止するためにも、棟板金内部の木部を金属板(ガルバリウム)に変えた補強工事を行いました。

外壁工事の概要

高圧洗浄

最大15Mpaの強い水圧によって、必要に応じて薬剤も使用しながら約1日かけて洗浄工程を行います。

こびりついた汚れを除去することが塗料の密着に繋がりますので、美観性・耐久性に優れた美しい塗装を施すには、この洗浄作業を徹底することが大きなポイントとなります。

外壁補修(クラック補修)

外壁の一部でクラックが見られましたので、補修を行いました。

施工前

施工後

シーリング補修(打ち替え・増し打ち)

シーリングに劣化が見られたため、目地部分は打ち替え、サッシ廻りは増し打ちにて補修を行いました。

打ち替え

施工前

プライマーの塗布

新しいシーリングを充填し、均します

完成

増し打ち

プライマーの塗布

新しいシーリングを充填し、均します

完成

外壁塗装

下塗り

中塗り

上塗り

外壁には、ダイヤセラコートアクアを使用、お色は72番を使用しました。

セラコートアクアは弾性塗料でありながらも優れた透湿性を持ち、さらに追従性、耐候性も兼ね備えた最強のシリコン塗料です。

屋根リフォーム工事の概要

高圧洗浄

外壁同様に強い水圧によって、汚れを隅々まで洗い流します。

棟板金の下地材に革命を!ガルベースについて

棟板金の不具合が起こる原因とは

H様邸の屋根は棟板金が浮いてしまっていました。(下画像参照)

棟板金の中には貫板という棟板金を固定するための下地材となる板がありますが、この貫板は木材であることが多いです。

棟板金は長期間雨風に晒されることで棟板金の繋ぎ目や釘穴の隙間から雨水が侵入してしまいます。そうして棟板金の内部に侵入した雨水が木材の下地材を腐食させ、

釘が浮いてきて固定力が弱まることで、棟板金の浮きやズレなどの不具合に繋がるのです。

下の画像は腐食した下地材です。木材がボロボロになっており、この状態で釘がしっかり固定されるはずがないというのも分かると思います。

従来の木材の下地材をガルバリウム鋼板へ

腐食した下地材は当然再利用することはできませんので、新しい下地材と交換する必要があります。

木材の新しい下地材と交換することも可能ですが、シャインでは「ガルベース」という木材ではなくガルバリウム鋼板製の下地材を採用しております。

ガルベースは耐食性に優れたガルバリウムの効果によって、木材のように水に触れても腐食することがなく、また年数が経過してもひび割れしにくい高耐久下地材です。

以下で詳しく解説していきます!▽

ガルバリウム鋼板の持つ効果

ガルバリウム鋼板とは金属鋼板(鉄板)を「亜鉛」「アルミ」「シリコン」を組み合わせた合金である【ガルバリウム】でコーティングしたものです。

ガルバリウム鋼板は優れた耐食性が最大の特徴ですが、ガルバリウムでコーティングするとなぜ耐食性が上がるのでしょうか?

それは、ガルバリウムにはガルバリウムを構成する「亜鉛」と「アルミ」の持つ性能による【自己修復作用】が備わっているからです。

亜鉛には、傷が発生すると周囲の亜鉛を溶かして傷を保護し、内部の腐食を防止する「防食作用」があり、

一方アルミには、亜鉛が溶けて出来た穴を埋める「保護作用」があります。

このようにお互いの作用がサイクルすることで傷が付いても自己修復できることから、耐食性に優れているのです。

また、近年では樹脂製の下地材が使用される場合もありますが、樹脂は水に強く、施工時はしなやかで柔軟性があるものの年数が経って柔軟性がなくなり硬く・脆くなってくると歪みが発生したり、割れやすくなります。

ガルベースは経年劣化による変形やひび割れは発生しませんので、樹脂製よりも高耐久なのです。

このような優れた性能によって、ガルベースは穴あき保証なんと【25年】という驚異の保証年数を実現しています。

これはカバー工法などで使用する金属屋根材と同一レベルの性能となります。

ガルベースに関してのさらに詳しい解説はこちら!▽

高耐久棟下地『ガルベース』とは何?

ガルベースの施工方法

ガルベース交換工事動画、youtubeにて動画公開中!

ガルベース交換工事は、弊社シャインのYouTubeチャンネルにて解説動画が公開されています!

写真や口頭では少し分かりにくい…という部分も、動画で見ると理解しやすいと思いますので、是非ご覧になってみてください!▽

1.既存棟板金の撤去

棟板金を固定している釘を抜いて取り外します

棟板金撤去後

中の貫板も取り外します

2.ガルベースを設置

設置箇所に事前に印をつけます

ビスで固定します

3.既存棟板金を再設置

しっかりとはめ込みます

繋ぎ目のシーリングも行います

ビスで固定します

4.完成

屋根補修(クラック補修)

一部でクラック(ひび割れ)が見られたので補修を行いました。

屋根塗装

屋根塗装には水谷ペイントのナノルーフを使用しました。お色はバイエルンブラウンです。

ナノルーフとは水谷ペイントの『ナノテクシリーズ』のひとつで外壁用塗料のナノウォール屋根用塗料のナノルーフがあり、それぞれ20.15.10と耐久年数によって3種類に分かれており、計6製品が販売されています。

塗料に含まれる物質をナノサイズ(原子や分子のスケール)で調整・制御するナノテクノロジー技術により塗料のポテンシャルを最大限に発揮することを可能にし、他社製品と品質の面で大きな差を付けています。

今回のK様邸では屋根施工に使用したためナノルーフ、耐久年数は最大の20、そして金属屋根の熱伝導率を考慮して、遮熱塗料を使用しました。

ナノテクシリーズについてはこちらで詳しく解説しています!▽

選べる耐久性!ナノテクノロジー技術で住まいを守り続けるナノテクシリーズ(ナノウォール・ナノルーフ)について徹底解説!

付帯工事の概要

付帯補修

破風板のシーリングが劣化していましたので、打ち直して補修を行いました。

施工前

施工後

ベランダ防水塗装

下塗り

上塗り ウレアックスを使用

その他付帯塗装

鼻隠しの塗装

雨樋の塗装

水切りの塗装

雨戸の塗装

換気フードの塗装

霧除けの塗装

完成

最後に点検をして完成です。

塗装をしないコンクリート床等は高圧洗浄にて経年の汚れをキレイに落としました。

柏市のH様、この度の外壁付帯屋根塗装・屋根板金補修の際は大変お世話になりました。

アンケートも丁寧にお答え下さり嬉しく思います。

★お客様の声はこちらから!

今後ともシャインを宜しくお願い致します。

気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

施工前、施工後写真

施工前BEFORE
施工後AFTER

ご来店予約

診断無料

04-7199-9880 受付 9:00~18:00 土・日・祝も営業中 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフブログ

施工事例

スタッフ・職人紹介